金属間化合物と酸化

金属間化合物と酸化|小野キャスト

金属間化合物、合金の仲間で酸化還元反応として大きく区分けすると、酸化になります。
金属元素同士の酸化を、金属間化合物と呼び、いろんな面で、鋳造には厄介な化合物。
元素周期の離れた金属同士が結びつくと、まったく別なものに変化します。

通常の金属の性質と異なり特異な性質に変化します。
金とアルミニウムを溶解して合金にしようとすれば、
配合にもよりますが、紫色の金になります。
硬く脆く、ガラスのように変化します。
それは、合金ではなく金属間化合物なのです。

あと酸化物は、アルミニウム-酸素が結びつくと酸化アルミニウム、通称アルミナに変化する。
微量にクロムが入るとルビーになり、鉄・チタンが混じれば、サファイアになります。
金属間化合物は、ガラスのように硬く脆くなりやすい。

酸化還元反応を推理する。

関連記事
金属元素 融点・沸点の違い
金属間化合物と酸化
金属はすべて凝固すると収縮する??

関連記事

  1. 引け巣対策はスプールで決まる

  2. 銀素材①

    銀素材②

  3. アレルギーの先に

    ブライダル・プレゼントジュエリー素材には貴金属を

  4. 日刀保たたら・たたら製鉄

  5. コンサルタントはいらない②|小野キャスト

    コンサルタントはいらない②

  6. コンサルタントはいらない①|小野キャスト

    コンサルタントはいらない①