人工知能・artificial intelligence

人口知能・artificial intelligence

『人工知能・artificial intelligence 其の1』
鋳造機など温度管理が必要な製作機器には、どこかで人工知能が使用されています。
温度制御には「PID=P(比例制御)・I(積分制御)・D(微分制御)」これも一種の人工知能。
これに加えなければならないものがアルゴリズム(algorithm)で、言葉は難しいですが、
情報処理・プログラムなどのチューニングと意味合い付ければ分かりやすくなります。

このように、数学の数式の上に数式、ある種決まった数式が使用されている。
新しく数式が発明されることが、AIの発展になっています。
確率の補正に近い。

『確率・Probability』
ベルの不等式(ベルのふとうしき)とは、隠れた変数理論などの
局所実在論が満たすべき相関の上限を与える式。

不確定性原理(ハイゼンベルクの原理)、量子力学に従う系の物理量
Aを観測したときの不確定性と、同じ系で別の物理量 Bを観測したときの不確定性が
適切な条件下では同時に0になる事はないとする一連の定理の総称。

物理学は、確率(可能性がある)数式で成り立っている。
もっと正確に近くなるように、補正式を加え軌道計算など、
正確に近い答えが導き出されている。

エントロピー(entropy)
熱力学および統計力学において定義される示量性の状態量。
何をすることができて、何をすることができないかを、その大小で表す量。

それぞれを組合すと、いろんな予測が出来ます。
それに、人間の感覚予想をアルゴリズム(algorithm)として、
AI(人口知能)のように予測すると。
かなり高い確率で予測は当たります。

『人工知能・artificial intelligence 其の2』
金融関係、金融商品でお気付きの方は、いらっしゃると思います。
MBS(モーゲージ債)CDO(債務担保証券)CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)
金融商品は物理学者の考えた数式で商品が作られています。

損失の出ないように計算されていますが、アルゴリズムを間違えると、
サブプライムローンになってしまう訳です。
早く間違ったアルゴリズムを察知できれば、大きな利益を生むことが出来るのですが、
世界で800万人が失業し、600万人が家を失った出来事で喜べない内容でもあります。
各付会社はAAAを付けていたサブプライムローン、数式の間違いに気が付くのも数学者でした。

『人工知能・artificial intelligence 其の3』
人工知能は、基本的に確立の数式の上に成り立っています。確率・Probability
アインシュタイン氏は、神様はサイコロを振らないと言っていましたが、
神の数式は双六だったのです。

そのお陰で、正しい星の軌道も計算できるし、
車のナビゲーションシステムも利用できるようになってきました。
CD・DVDも同じくです。

ニールス・ボーアは、物の性質を神の問題に戻す時に、注意が必要だと思いませんか?
とアインシュタインに言い返しました。
私は、ここから人工知能が生まれたと思うのです。

関連記事

  1. 今年一番難しかったハードプラチナ950

    銀素材③

  2. 引け巣対策はスプールで決まる

  3. 金属間化合物と酸化|小野キャスト

    金属間化合物と酸化

  4. 同じようなデザイン背景③

    同じようなデザイン背景③

  5. 触媒とは?

  6. 高融点

    抗ウイルス金属 プラチナ・金・銀・銅 素材提案