新色合金オリジナル提案

新色合金オリジナル提案

K10ニューピンク色に続きK18ニューピンク新規提案導入決まる。

既存品K10及びK18(銀20%:銅80%)は、硬い・割れる・安っぽい・サイズ直し不可であったピンク系ゴールド。
その昔、淡いピンク色が好まれパラジウム割で落ち着いていたピンク系。
さらなる進化で、ブラックピンクを提案。即導入先が決まりました。

もちろん、硬い・割れない・高級感・サイズ直しOK優れた配合。

関連記事

  1. コンサルタントはいらない①|小野キャスト

    コンサルタントはいらない①

  2. 引け巣対策はスプールで決まる

  3. 同じようなデザイン背景④

  4. 金属元素 融点・沸点の違い|小野キャスト

    金属元素 融点・沸点の違い

  5. 銀・シルバー製品の火ムラ・膨れ発生の改善方法

  6. 高融点金属の可能性⑦

    高融点金属の可能性⑦