同じようなデザイン背景⑤

だいたい①~④で、まとめていますが、究極的に売れる・売れないは、判断したい欲求を満足させることになります。
簡単に選択させて判断欲求を満足させると、良い買い物をしたと満足されます。
ネット商品が売れるのは膨大な商品群から選択して、判断して購入されています。

尖った商品、外れた商品を売りたい商品に混合することが必要で、
そこからどちらの方向へズレいくのか?商品群の方向性が見えてくるものです。
*売れる商品群の中に、尖った・外れた商品を上手く化合して一つの輪に見せる
プロヂュースが大切なことではないでしょうか。(ご参考に)
(上記内容を分析することが開発と言える)

関連記事

同じようなデザイン背景①
同じようなデザイン背景②
同じようなデザイン背景③
同じようなデザイン背景④
同じようなデザイン背景⑤

 

関連記事

  1. コンサルタントはいらない③|小野キャスト

    コンサルタントはいらない③

  2. 銀素材①

    銀素材②

  3. 同じようなデザイン背景①

    同じようなデザイン背景①

  4. 鋳造

    鋳造

  5. 銀・シルバー製品の火ムラ・膨れ発生の改善方法

  6. アレルギーの先に

    金属アレルギーの仕組み