高融点金属の可能性⑤

高融点金属の可能性⑤

医療系では、カテーテル。Pt90%Ir10%配合、これが基本で医療機器は作成されています。
それほど難しくはない配合。しっかり溶解して合金が可能。
世間一般では、小さな部品が難しいものです。

小さな切削用のドリルはプラチナ・イリジウムに摩耗され幾度もドリルの刃先の交換が必至。
コストがどんどん上がります。製作途中で刃先が折れれば、終わり。作り直し、加工費マイナス。
切削の手間を出来るだけ省いた鋳造で、コストダウン。

*ご相談承ります。

関連記事

高融点金属の可能性①
高融点金属の可能性②
高融点金属の可能性③
高融点金属の可能性④
高融点金属の可能性⑤
高融点金属の可能性⑥
高融点金属の可能性⑦

関連記事

  1. 同じようなデザイン背景④

  2. 今年一番難しかったハードプラチナ950

  3. 高融点金属の可能性③ <Irイリジウム>

  4. アレルギーの先に

    金属アレルギーの仕組み

  5. 新色合金オリジナル提案

    新色合金オリジナル提案

  6. 今年一番難しかったハードプラチナ950

    銀素材③