貴金属高騰の陰に

貴金属高騰の陰に

景気回復と言われていますが、ごく一部の階級の方々は回復されているかも知れませんが、
貴金属業界は代替えアクセサリー製品の品質が向上し、もはや貴金属は必要とされなくなってきた時代。

生き残りをかけ、いかに安価にジュエリーが作れるか?
重たい貴金属を軽く、変形しないように硬く・・・配合しています。
薄く・細く・硬く、となると鋳造は困難になってきます。
18金は10金に品位を落としより安く。どこまでがジュエリーと呼べるのか?

逆に、薄く・細く・硬く を熟せる鋳造屋さんは生き残れるのでしょうか?
もう一つ先に、創造が必要ですね。

関連記事

  1. 今年一番難しかったハードプラチナ950

  2. 同じようなデザイン背景⑤

  3. 同じようなデザイン背景②

    同じようなデザイン背景②

  4. 鋳造料金

  5. 母体金属と添加元素 鋳造工程の考え方

  6. 鋳造

    鋳造